記事一覧

GoZ - MODOとZBrushの連携

GoZ

GoZを使えば、MODOとZBrushを簡単に連携できます。
大まかなベースモデルの作成はMODOで行い、細かい作り込みをZBrushに引き継ぎ、再びMODOでシーンの設定やレンダリングを行う…という操作も簡単に実現できます。

GoZ for MODOのダウンロード

ZBrushには標準でGoZが含まれていますが、最新のMODO 10.2などと連携するためには別途 GoZ for MODOのインストールが必要になります。(GoZの開発にはMODOの開発元であるFoundry社も関わっているようです)
GoZ for MODOは、FoundryのMy Accountのプロダクトページ、もしくはMODO JAPAN GROUPのダウンロードサイトからダウンロード可能です。

GoZ for MODO のインストール

GoZ for MODO のインストールは、ダウンロードしたセットアップの手順に従って進めていくだけで完了します。全てデフォルト設定のままで問題ありません。

GoZ for MODOのインストーラーを起動し、ライセンス画面で I Agree ボタンをクリックします。
ライセンス画面

インストール先のフォルダを選択しInstallボタンをクリックします。
デフォルトでは、コンテンツのKitsフォルダにインストールされます。
インストールパスの設定画面

インストールが完了したら、Closeボタンをクリックして画面を閉じます。
インストール完了画面

これで、MODO画面中にGoZのボタンが追加されます。
また、Help> Kit Versionから、インストールされたGoZのバージョンを確認できます。
Goz for MODO Version

ZBrushの設定

GoZ for MODOのインストール後に、ZBrushの設定が必要になります。

ZBrushを起動して、メニューのPreferencesからGoZを選択して、GoZに関する設定パネルを開きます。この中から「path to Modo (New)」をクリックします。
※Newのついていない「path to Modo」はZBrushに標準で入っている古いバージョンになります。MODO 10.2などと連携する場合は、今回新たにインストールしたNewバージョンを指定するようにしてください。
ZBrushの設定

MODOのインストールパス(ここでは、C:\Program Files\~modo.exe)が表示されるので、このボタンをクリックします。これで、MODOとZBrush双方向で連携が可能になります。
ZBrush MODOパス
 
関連記事

スポンサーリンク

  

コメント

コメントの投稿

非公開コメント