記事一覧

MODOで簡単に穴を開ける方法

モデリングをしていると、完全に貫通した穴を開けたいことがよくあると思いますが、ブーリアンを使わないで簡単に穴を開ける方法を紹介します。
先に結論を言ってしまうと「Bridge」ツールを使います!
Thumbnails


ブーリアンを使わずに穴を開ける方法


まずは、穴を開けたい部分にポリゴンを作成します。
今回は円柱を作成し、円柱の上下のポリゴンにベベルを数回かけてポリゴンを作成しています。
Base model


ポリゴン選択モードで、穴を開けたい「裏と表の」ポリゴンを選択します。
図では少し見づらいかもしれませんが、裏側にあるポリゴンも選択しています。
Select polygon


この状態で「Duplicate」にある「Bridge」ツールを選択します。
この「Bridge」ツールを使えば、選択したポリゴン同士をつなぐことができます。(アイコンの見た目で外側にあるポリゴン同士を接続するツールに見えますが、実は内側に向かって穴を開けたい場合にも利用できます)
Bridge


Bridgeツールのプロパティで、いくつかの設定が可能です。
以下のような設定で適用すると、選択したポリゴンを直線的につなぐように穴が開きます。
Tool properties


これで、選択していたポリゴン同士を繋ぐように穴が開きます。
Bridge



Bridgeの応用例


Bridgeツールで接続するポリゴンは、必ずしも裏と表である必要はありません。
例えば、次のように「上と横」のポリゴンを選択してBridgeツールで接続することも可能です。
Box mesh


Modeで接続パターンをいくつか選択できますが、Segmentsを「1」にすると、選択した面が直線的に接続されます。
Bridge


ModeをCurve、Segmentsを32などに設定すると、指定したSegmentsに合わせてカーブを描きながら選択したポリゴンが接続されます。
Bridge Curve


Tensionの値を変えると、カーブの張力も変更可能です。
Tension



関連記事

スポンサーリンク

  

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント

スポンサーリンク