記事一覧

Visual Studio 2017でGit管理を利用する方法(ローカル)

個人で簡単な開発を行う場合でも、Gitなどによるソース管理が行えた方が便利です。
とはいえ、個人開発用の簡単なプロジェクトでGitHubやGitBucketのリポジトリを作成するのも少し手間だったりします。

このような個人で簡単な開発を行うケースにおいては、Visual Studio 2017のローカルGitリポジトリの利用がお勧めです。面倒なGitの設定なども一切不要で、ワンクリックでソリューションをローカルのGitで管理できます。
※無料版のVisual Studio Community 2017でも利用できます!


Visual Studio 2017でローカルGitリポジトリを利用する方法


Visual Studio 2017のソリューションエクスプローラーから、Git管理したいソリューションを右クリックして「ソリューションをソース管理に追加(A)...」をクリックします。
これだけで、ソリューションがローカルGitリポジトリに登録され、Gitによるバージョン管理が行えるようになります。
Visual Studio 2017 Local Git Repository


ローカルGitリポジトリ自体は、ソリューションと同じフォルダに作成されます。
.gitignoreファイルも自動で生成されるため、自分でVisual Studio向けのgitignoreを作成する必要もありません。
Visual Studio 2017 Local Git Repository


ソリューションをソース管理に追加した時点で、ソリューションに含まれていたファイルは自動でGitに登録された状態になります。(.gitignoreに定義してあるものは対象外)
Visual Studio 2017 Local Git Repository


後はソリューションエクスプローラーなどから通常通りGit操作が可能になります。
Visual Studio 2017 Local Git Repository

スポンサーリンク

  

コメント

コメントの投稿

非公開コメント