記事一覧

V-Ray 3.5 for MODO 公開

ChaosGroupからV-Ray 3.5 for MODOが正式にリリースされました。
以前のV-Ray 3.4から新機能が追加され、MODO 11にも対応しています。V-Ray 3.5 for MODOで追加された新機能については、こちらのページをご参照ください。
V-Ray for MODO 11

また、YouTubeにも新機能の紹介がアップロードされています。



V-Ray 3.5 for MODOのダウンロード

ダウンロードは、ChaosGroupのダウンロードサイトから行えます。
License typeをAdvancedで絞ると見つけやすくなります。
V-Ray for MODO 11



V-Ray 3.5 for MODOのインストール

※インストールを行う前に、旧バージョンのV-Ray for MODOをアンインストールします。アンインストールは、スタートメニューの「Uninstall V-Ray for MODO~」から行えます。

V-Ray for MODOのアンインストール後、ダウンロードしたzipファイルを展開し、セットアップファイルを実行します。
ライセンスの確認画面が表示されるので、I Agreeボタンをクリックします。
V-Ray for MODO 11

インストール場所などの設定画面で、Install Nowボタンをクリックします。
もし、インストール場所などを変更したい場合はCustomizeボタンをクリックして個別に設定を行います。
V-Ray for MODO 11

Finishボタンをクリックしてインストールを完了します。
これで、MODOを起動すればV-Ray 3.5 for MODOが利用可能になっています。

初めてV-Ray for MODOをインストールする場合は、License Serverのセットアップも必要になります。License Serverのセットアップについては、以前に書いている「V-Ray for MODOのセットアップ」のLicense Serverのインストール以降の内容をご参照ください。
V-Ray for MODO 11

関連記事

スポンサーリンク

  

コメント

コメントの投稿

非公開コメント