記事一覧

Hyper-V 仮想スイッチの再設定 - Windows10 Creators Update

Windows 10 Creators Update後に、Hyper-Vの仮想スイッチが利用できない状態になっていることが判明しました。
Hyper-Vの仮想スイッチマネージャーで設定を確認したり、接続先を外部→プライベート→外部などに適用し直してみても状況は変わらなかったので、仮想スイッチを新しく作成し直しました。
そのときの手順を記載しておきます。
ネットワーク接続


Hyper-V 仮想スイッチの再作成


まず、Hyper-Vの仮想スイッチマネージャーから、対象の仮想スイッチを削除します。
削除ボタンをクリックするだけでは削除マークが付いただけの状態なので、削除ボタンのクリック後、適用ボタンをクリックして内容を確定させます。
HyperV 仮想スイッチ

Hyper-Vの仮想スイッチを削除しても、デバイス上は仮想スイッチが残り続けていたので、デバイス上からも仮想スイッチのデバイスを削除します。
デバイスマネージャーを起動して、対象の仮想スイッチを右クリックし、デバイスのアンインストールを選択します。(Hyper-V Virtual Ethernet Adapter~という名称)
これで、仮想スイッチのデバイスが削除され、ネットワークの接続画面にもデバイスが表示されなくなります。
Device manager

デバイスを削除した後、Hyper-Vの仮想スイッチマネージャーで新規に仮想スイッチを作成して、内容を適用します。

新規の仮想スイッチが登録されると、ネットワーク接続画面にも対象デバイスが表示されるので、必要に応じてデバイスの構成を変更します。(ネットワーク接続画面から対象のデバイスを右クリック→プロパティ→構成ボタン)
初期状態ではOffload設定が有効だったり、JomboFrameが無効だったりするので、適宜設定を行ってください。
Adapter settings

これで仮想スイッチが利用可能になりました。
ネットワーク接続


参考:Wavesの認証について

Wavesのプラグインを利用している場合、仮想スイッチの追加によってライセンスが無効になる事があります。これはWavesの認証が、最初に見つかったNICのMACアドレスを利用していることが原因です。(追加した仮想スイッチの方が先に検知されてしまうと、認証済みのMACアドレスと異なるのでライセンスが無効だと判断される)
Wavesが全てのNICを参照してくれれば良いのですが、残念ながら最初にヒットしたNICでしかライセンスの確認が行われません。

こうなった場合は、Wavesのライセンスを従来のNICから、Hyper-Vで追加した仮想スイッチに移動させる必要があります。Wavesのライセンス移動は対象デバイスが有効な状態でないと行えないため、以下の手順でライセンスを移動することになります。
※対象デバイスが無効な状態でも、1年間に1回までならライセンスの移動が可能です。ただし、1年間に1度という厳しい制限があるため、対象デバイスが壊れてどうしようもない場合などの最終手段として使った方が良いと思います。
※なお、このライセンス認証方法を裏手にとれば、対象デバイスが物理的に壊れた場合でも、仮想スイッチを同じMACアドレスで作成すればライセンスの操作が可能になるはずです。

  1. 追加したHyper-Vの仮想スイッチを削除(削除しない限り従来のライセンスはDisconnected devicesに表示され移動が行えません)
  2. Waves Centralを起動し対象デバイスのライセンスを全てMy License Cloudに移動させる
  3. Waves Centralを終了
  4. 再度、Hyper-Vの仮想スイッチを作成
  5. Waves Centralを起動し、My License Cloudのライセンスを仮想スイッチの(MACアドレスと紐付けられた)デバイスに移動

これでWavesのライセンスが正しく認識されるようになります。
なお、私の利用している環境では「物理的なNIC→仮想スイッチ」という順序で検索が行われているようなので、仮想スイッチをいくつ追加してもWavesのライセンスが無効になることはありませんでした。
Waves

関連記事

スポンサーリンク

  

コメント

コメントの投稿

非公開コメント