記事一覧

MODO 10.2 のセットアップ

MODOの購入とダウンロード

MODOはMODO JAPAN GROUPのオンラインショップから購入可能です。
時々キャンペーンなどで安く入手出来る場合もあるので、キャンペーン情報を確認してみるとよいかもしれません。

MeshFusionの注意点

MODO JAPAN GROUPで販売されている製品の中に、MeshFusion for MODO(通常価格\50,000)というプラグインが存在しますが、実はこの機能はMODO 901からMODO本体の標準機能として取り込まれています。そのため、MODO 10にはMeshFusionの機能が標準搭載されているため、MeshFusion for MODOを別途購入する必要はありません。

製品のダウンロードとライセンスの取得

オンラインショップで購入すると、製品のダウンロード案内、ライセンスキーの取得方法、そしてシリアル番号に関するメールが送られてきます。
日本語版の製品ダウンロードはMODO JAPAN GROUPのサイト(英語版を使いたい場合はThe Foundry社のサイト)から行い、ライセンスの取得はThe Foundry社のサイトから行う形になります。それぞれ、MODO JAPAN GROUPとThe Foundryへのユーザー登録(無料)が必要になります。
なお、ユーザー登録とライセンスの取得方法についてはMODO JAPAN GROUPのページにも説明があります。

ダウンロードページでは、MODO本体とライセンスファイルの他、コンテンツファイル、機能を拡張する各種Kit、チュートリアルビデオなどがダウンロードできます。
The Foundry社のサイトからダウンロードする場合、MODO 10で新しく追加されたコンテンツだけのダウンロード(旧バージョンを持っている人向け)も可能ですが、新規にインストールする場合はFull Contentsを選択しておけばよいです。

主なダウンロード内容

ダウンロード可能なファイルが大量にあるので、何をインストールすればよいのか分かりづらいかもしれませんが、基本的にはMODO本体とコンテンツファイルが必要になります。
各種KITやサンプルファイルは必須では無いので、必要に応じてインストールするようにします。

参考までに、ダウンロード可能な主な内容を以下に記載しておきます。

MODO本体とコンテンツファイル
MODO 10の本体、コンテンツファイル、SDK(開発キット)およびライセンスファイルが含まれています。MODO本体は最新バージョンだけでなく、過去の古いバージョンもダウンロード可能です。

After Effects IO Kit
MODOのファイルをAdobe After Effectsにインポート、またAfter Effectsでの変更内容をMODOに反映させるプラグイン。インストールは手動でファイルのコピー作業が必要になるので、使い方は同梱されているビデオなどを参照してください。

ColorWay Kit
The Foundryの製品、COLORWAYにMODOのファイルをインポートするためのKit。

Gametexture.com Free present pack
UnityやUNREAL ENGINE用のテクスチャサンプル。20種類のサンプルが含まれています。最新のMODOではゲームエンジンのUnityやUNREAL ENGINEとの連携も強化されており、それに合わせたテクスチャのサンプルだと思われます。

GoZ for MODO
ZBrushとMODOを連携させるためのプラグインです。

MarkerBot kit
3DプリンタのMakerBotでMODOのモデルを利用するためのプラグインです。

pFusionKit Beta
コンテンツファイルのようですが、詳細は分かっていません。MODOに搭載されているMeshFusionに関連するもの!?

Sketchfab Kit
3Dデータ共有サイトのSketchfabにMODOのデータをエクスポートするためのKitです。

Substance for MODO
Substance Designer、Substance Paintで作成されたSubstanceテクスチャをMODOで利用するためのプラグインです。Substanceテクスチャは単なる画像ファイルなどとは違って、いろいろなパラメータを変更して動的に複雑なテクスチャを作成できます。
Substance DesignerやPainterを持っていなくても、Substance Shareなどでフリーのテクスチャを大量に入手可能なので入れておいて損はありません。
なお、MODO JAPAN GROUPやThe FoundryからダウンロードしたSubstance for MODOは、ウイルス対策ソフトのKasperskyがTrojanとして認識します。Substance for MODOの最新版は本家のallegorithmicからダウンロード可能(Substance Plugin for modo)なので、このプラグインは本家サイトの最新版の利用をお勧めします。(こちらはKasperskyが誤認識する事もありませんでした)

2017/05/02追伸:FoundryからMODO 11がリリースされたことを受け、allegorithmicからダウンロード可能なSubstance plugin for modoも、MODO 11専用になってしまいました。現在ではMODO 10用のプラグインは入手できないようです。(もしかしたら気づいていないだけで公開されているのかも…)
MODO 10で強制的にSubstance plugin for modo 11.xを利用する方法も検証したので、そちらのページもご参照ください。

MODO VP Free ArchViz Kit
別途販売されている建築向けのマテリアル集VP ArchViz Kitのいくつかをピックアップしたフリーのサンプル集です。

XForgePlants Free Sample
別途販売されている樹木や植物のモデルデータ XForgePlantsからいくつかをピックアップしたサンプル集です。


MODO 10.2のインストール

ダウンロードした以下のセットアップファイルを順番にインストールしていきます。
途中で複雑な設定や選択を行う必要は無いため、ウィザードに従ってインストールしていけばインストールが完了します。

セットアップ順序(私は英語版のMODOを利用しています)

  1. MODO_10.2v2a_win.exe をインストール
  2. MODO_10.2_Content1_win.exe をインストール
  3. MODO_10.2_Content2_win.exe をインストール
  4. MODO_10.2_Content3_win.exe をインストール
  5. WindowsのスタートメニューなどからMODO 10.2v2を起動
  6. Licensing画面が表示されるのでInstall Licenseを選択
  7. Install Downloaded License from Diskを選択し、ダウンロードしておいたライセンスファイル(modo~.licファイル)を選択

MODO 10.2v2の起動画面(英語版)

※V-Ray for MODOをインストールしているのでタブが少し増えています。
MODO 10.2 起動画面
関連記事

スポンサーリンク

  

コメント

コメントの投稿

非公開コメント