記事一覧

V-Ray for MODO で Fur Material をレンダリングする方法

MODOのFur Materialを使うと、毛や草のような表現を簡単に実現できます。しかし、Fur MaterialはMODO独自のMaterialなので、原則としてMODOでレンダリングする場合しか利用できません。V-Ray for MODOのような他のレンダリングエンジンを利用した場合、以下のように、正しいレンダリング結果は得られません。Fur Material を MODO でレンダリングした結果Fur Material を V-Ray for MODO でレンダリングした結果 V-Ray for ...

続きを読む

AutoTune 8.1 Update

AutoTune 8.1(8.1.8)アップデートの手順を残しておきます。AutoTune 8.1 UpdateAutoTune 8 のアップデートプログラムは、antares の Downloadページからダウンロードできます。ダウンロードしたzipファイルを展開して、「Install Auto-Tune 8.1 64+32-bit v8.1.8.exe」を実行します。Nextボタンをクリック。ライセンスに同意して、Nextボタンをクリック。Customを選択して、Nextボタンをクリック。インストールする内容を選択し...

続きを読む

FC2 Blogでソースコードをハイライト表示する方法(SyntaxHilighter v4)

Blogなどにソースコードを記載する場合、以下のような感じで言語に応じてキーワードなどがハイライト表示されると見やすくなります。今回は、いろいろなところで使われているオープンソースのSyntaxHilighter v4を使う事にしました。サンプル:ソースコードのハイライト表示(C++) void main(int argc, char* argv[]) { // WebCamera settings cv::VideoCapture cap(0); if(!cap.isOpened()) return; cap.s...

続きを読む

MODO の操作でサイズや移動量を表示する方法

MODOを利用していると、以下のような感じで、作成するモデルのサイズや移動量などを表示したい場合があります。今まで、これらの情報を表示する方法が分からなかった(何かのプラグインで表示していると思っていた)のですが、MODO標準の機能で表示できることが分かったので、その方法を載せておきます。Itemの作成時。サイズがCAD的に表示されます。移動ツールの利用時には、移動量が表示されます。移動量などを表示するMODOの設...

続きを読む