記事一覧

Substance 2017.1 へのアップデート

Allegorithmic から Substanceシリーズの新バージョンがリリースされました。これまでは、Substance Designer 6シリーズ、Substance Painter 2シリーズが最新でしたが、今回のリリースでSubstance Designer 2017.1、Substance Painter 2017.1 になり、多くの機能が追加されています。セットアップファイルはAllegorithmicユーザーページのLICENSESからダウンロード可能です。Substance 2017.1 シリーズへのアップデート方法旧バー...

続きを読む

Substance Designer 6.0.3 へのアップデート

Allegorithmic Substance Designer 6.0.3 のアップデートが公開されていました。前バージョン(6.0.2)からの変更点は以下の通りですが、バグ修正が主な内容になります。Substance Designer 6.0.3 へのアップデート方法セットアップファイルはAllegorithmicユーザーページのLICENSESからダウンロード可能です。ダウンロードが完了したら、セットアップファイルを実行します。なお、既にインストール済みのSubstance Designerはその...

続きを読む

Substance plugin for modo のインストール(Mac編)

Substance plugin for modoをMacにインストールするときの手順です。今回は、Substance plugin for modo 11.x をMacBook(macOS Sierra Ver10.12.4)にインストールします。Substance plugin for modoはallegorithmicのダウンロードサイトから入手可能です。Substance plugin for modoのインストール(Mac編)まず、allegorithmicからダウンロードした「Substance_Modo-11.0-2.4.0.284-mac-x64.dmg」をダブルクリックして、中に含...

続きを読む

Substance Live の導入

3Dモデルに対して高度なペイント処理が可能なSubstance Painterや、PBRテクスチャの作成が行えるSubstance Designer、単なる画像ファイルからPBRテクスチャを作成できるSubstance Bitmap2Materialなど、いくつかの製品がAllegorithmicから販売されています。これらの製品は単体で購入することも可能ですが、上記3つの製品をセットにしたSubstance Packや、月単位で購入するサブスクリプションなど、多くの販売形態が用意されていま...

続きを読む

Substance for MODO 2.4.0 GPUの利用

MODOでSubstanceのテクスチャを利用するための、Substance plugin for modo(2.4.0)ですが、テクスチャを生成するときのエンジンをCPUとGPUの2つから選択できます。インストール直後はCPUを利用する設定になっているのですが、GPUを使って違いがあるのか試してみました。Substance Engineの切り替えSubstance Engineの切り替えは、MODOのTextureメニューのSubstance→Switch Substance Engineから設定可能です。CPUとGPUが選択でき...

続きを読む

Substance plugin for modo 11.xをMODO10で使う

AllegorithmicのSubstance Designerなどで作成されたテクスチャをMODOで利用するために、「Substance plugin for modo」が必要なのですが、MODO 11のリリースにあわせて、Allegorithmic本家で公開されているプラグインもSubstance plugin for modo 11.x…と、MODO 11専用になってしまいました。(このプラグインをインストールしても、MODO 10からは認識されません)前に公開されていたMODO 10用のプラグインを探してみましたが、ダ...

続きを読む