記事一覧

MODO 11.2v1 のインストール

FoundryからMODO 11シリーズとしては最後のアップデートになると思われる、MODO 11.2v1が公開されました。MODO 11.2v1では新機能の追加や、操作性の向上など細かい部分での変更が行われています。また、セットアッププログラム自体もリニューアルされています。MODO 11.2v1のセットアップ方法MODO 11.2v1のセットアップファイルは、MODO JAPAN GROUPのダウンロードページ、もしくはFoundryのProductsページからダウンロード可能で...

続きを読む

Marvelous Designer でクッションを作る方法

衣服系の作成で有名なMarvelous Designerですが、クッションなどの布でできたオブジェクトの作成にも力を発揮します。下のイメージは、実際にMarvelous Designer 7で作成したクッションのレンダリング結果です。Marvelous Designerを使えば、このようなシーンが簡単に作成できます。Marvelous Designer 7 でクッションを作る方法クッション作成のポイントとしては、2重構造で作成する事になります。クッションは、綿などを詰めた芯...

続きを読む

V-Ray for MODO で Fur Material をレンダリングする方法

MODOのFur Materialを使うと、毛や草のような表現を簡単に実現できます。しかし、Fur MaterialはMODO独自のMaterialなので、原則としてMODOでレンダリングする場合しか利用できません。V-Ray for MODOのような他のレンダリングエンジンを利用した場合、以下のように、正しいレンダリング結果は得られません。Fur Material を MODO でレンダリングした結果Fur Material を V-Ray for MODO でレンダリングした結果 V-Ray for ...

続きを読む

MOP Booleans Kit for MODO 11 の結果をV-Rayでレンダリングする

最近公開された、MOP Booleans Kit for MODO 11 を使うと、プロシージャルモデリングのブーリアン機能が簡単に使えて便利です。(使いこなすにはちょっとしたコツも必要になりますが…)ブーリアン処理後も簡単に修正が行えるところも、プロシージャルモデリングの便利なところですね。MOP Booleans Kit for MODO 11 + V-Ray for MODOしかし、MOP Booleans Kit for MODO 11を使って作成したモデルをV-Ray for MODOでそのままレンダ...

続きを読む

V-Ray 3.5 for MODO 公開

ChaosGroupからV-Ray 3.5 for MODOが正式にリリースされました。以前のV-Ray 3.4から新機能が追加され、MODO 11にも対応しています。V-Ray 3.5 for MODOで追加された新機能については、こちらのページをご参照ください。また、YouTubeにも新機能の紹介がアップロードされています。V-Ray 3.5 for MODOのダウンロードダウンロードは、ChaosGroupのダウンロードサイトから行えます。License typeをAdvancedで絞ると見つけやすくなり...

続きを読む

V-Ray for MODO 11

前回、MODO 10.2までしか対応していないV-Ray for MODO(V-Ray 3.40.02)をMODO 11で使う方法を公開しましたが、今回はもう一つの方法を紹介したいと思います。(個人的には、こちらの方法をおすすめします)正式にリリースされているバージョンは現時点(2017-05-27)でV-Ray 3.40.02ですが、実は開発中の最新バージョンであるNightly Build版も入手可能です。Nightly Buildは、新機能の追加や機能改善、バグ修正などが含まれてお...

続きを読む

V-Ray for MODO を MODO 11 で使う方法

2017年5月25日現在で公開されているV-Ray for MODO(V-Ray 3.40.02)は、MODO 701~10.2までしか対応しておらず、最新のMODO 11では利用できません。しばらくすればMODO 11も正式にサポートされるようになると思いますが、それまでの間、V-Ray for MODO(V-Ray 2.40.02)をMODO 11で利用する方法を載せておきます。※2017-05-27追記:V-RayをMODO 11で利用するには、以下の方法以外に「Nightly Build版のV-Ray for MODOを利用する方...

続きを読む

MODO 11.0v3 へのアップグレード

いよいよ、MODO 11の正式な販売が開始されました。私の場合、2017年4月1日以降にMODO 10を新規購入していたので、MODO 11への無償アップグレード対象でした。早速、MODO 11にアップグレードしたので、その手順を記しておきます。なお、さまざまなケースごとのライセンス登録方法は、MODO JAPAN GROUPのページでも紹介してあります。MODO 11.0v3へのアップグレード(導入)方法MODO JAPAN GROUPへの製品登録私の場合、MODO JAPAN GR...

続きを読む

Windows 10 Creators Update後のV-Rayリカバリ方法

ChaosGroupのサポートページや、Oakのページでもアナウンスされていますが、2017年4月にリリースされたWindows 10 Creators Updateを適用すると、V-Rayのライセンスサーバー(VRLService)が削除されてしまい、V-Rayが利用できなくなります。私もWindows 10 Creators Updateにアップデートしてみましたが、アナウンスされているとおりV-Rayのライセンスサーバーが削除され、V-Rayが使えない状態になりました。ここでは、そのリカバ...

続きを読む

V-Ray for MODO のセットアップ

V-Ray for MODO の購入ChaosGroupのV-Rayは超有名なレンダラーで、Mayaや3dsMaxと組み合わせて利用されることが多いと思うのですが、最近ではMODOにも対応しています。2017/04/23時点では、V-Ray 3.40.02となっており、MODO 701~10.2で利用可能です。V-Ray for MODOは、日本の販売代理店(株式会社オーク、eフロンティア)や、MODOを販売しているThe Foundryなどから購入できます。ChaosGroupのサイトにもBUYボタンはあるのですが...

続きを読む